スポンサー広告 > Radiation leak serious enough to kill People
放射能 > Radiation leak serious enough to kill People

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Radiation leak serious enough to kill People

忘れてしまいそうになったのでメモとして。

昨年3月18日会見で東電の小森常務はこう発言し泣き崩れた。

Radiation leak serious enough to kill People

致死量の放射能を放出しました

だが日本のマスコミはそれを報道しなかった。
後になって海外のマスコミ報道で私らは知ることになる。
忘れないでおこう。
福島第一原子力発電所の事故は致死量の放射能漏れが起こったと東電の常務が発言しているのだ。
どっかの誰かがいくら安全だと言い張っても致死量の放射能漏れは起こったのだよ。

スクリーンショット(2012-08-29 16.22.54)



昨年の5月6日に文科省が土壌汚染地図を公表時にNHKの石川解説委員が、
チェルノブイリを超える汚染に驚いて「単位を間違えていませんか?」と質問。
「間違っていません」回答。
これも忘れないでおこう。
国は福島第一原発事故の汚染を「チェルノブイリより高い」と認めている。




福島の中では1年6ヶ月近く経って「ほら誰も死んでないだろう」なんて平気な顔して言う人々がいる。
住み続けよう、食べて応援な人々。
もうそれは個人の判断でしかないので何も言わないが、
誰にとっても上の2つは紛れも無い事実なので覚えておいたほうがいい。
そんなこと聞いてないよって後から言ってもしょうがないから。



福島県内の子供36%にしこり 福島以外でも甲状腺検査へ
3人に1人の子どもから"しこり"が見つかっている。
因みにチェルノブイリ周辺では子どもの"しこり"は4年から5年後に出ているという。
福島は1年数ヶ月で見つかった。
勿論、放射能との因果関係はわからん。
きっと、ずっと解からんだろうよ。

産経新聞




最後に、少しズレますが今年に入ってから注視されている「黒い物質」について、
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏の話しがあったので。


小出裕章
セシウムという放射性物質は1万ベクレル以上あれば
放射性物質として厳重に管理しなければいけないと法律で定められていますし、
その場合も1キログラムあたり1万ベクレルを超えているという
条件が付いています。
ですから両方満たした場合には
厳密に放射性物質として取り扱わなければいけない。


関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。