スポンサー広告 > ヤマトシジミ蝶に異常
放射能 > ヤマトシジミ蝶に異常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマトシジミ蝶に異常

ヤマトシジミ蝶に異常。
時事ドットコム (全文引用)

 東京電力福島第1原発事故の影響により、福島県などで最も一般的なチョウの一種「ヤマトシジミ」の羽や目に異常が生じているとの報告を、大瀧丈二琉球大准教授らの研究チームが10日までにまとめ、英科学誌に発表した。放射性物質の影響で遺伝子に傷ができたことが原因で、次世代にも引き継がれているとみられるという。
 大瀧准教授は「影響の受けやすさは種により異なるため、他の動物も調べる必要がある。人間はチョウとは全く別で、ずっと強いはずだ」と話した。
 研究チームは事故直後の昨年5月、福島県などの7市町でヤマトシジミの成虫121匹を採集。12%は、羽が小さかったり目が陥没していたりした。これらのチョウ同士を交配した2世代目の異常率は18%に上昇し、成虫になる前に死ぬ例も目立った。さらに異常があったチョウのみを選んで健康なチョウと交配し3世代目を誕生させたところ、34%に同様の異常がみられた。


img_1502110_51672459_4.jpeg

昆虫などは比較的早く出るだろうと言われていたとはいえショックだ。
放射性物質の影響で遺伝子が傷ついての結果なのは間違いない。
いくら「人間はもっと強い」と言われても、原発が4機壊れて放射性物質を出すという人類が体験したことのない現実の中で「そうですよね」とは思えない。
「とうとう出はじめたか」という思いだ。
蝶と同じく、動物からも植物からも水からも空気からも人間からも放射性物質が出ている。

とうとう奇形が出始めて専門家が「異変」を発表した。
けど、このような報告が公に出るのは昆虫止まりか、植物までな気がする。
いや絶対にそうなる。
人間も調査してある程度の結果が出ても公表しないさせない。
福島に暮らして3.11以後どれだけの情報が隠蔽され続け大丈夫だと言われ続けてきたか。
同じことが別の場面でも起こっていくよ。
ただ、そうなっていくと思っているかいないかで個々の対応は違っていく。
それだけは確かなことなのだ。




関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。