スポンサー広告 > 日常食のモニタリング結果
食品汚染 > 日常食のモニタリング結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常食のモニタリング結果

守る会・会津のMLからの情報です。

福島県で実施された「福島県における日常食の放射線モニタリング」
その結果は数週間前に新聞などに載りましたが詳細が明かされていませんでした。
福島県のHPに詳細が発表になっていました。
(見つけにくい。ほんと役所のデータってわざと見つけづらくしてる気がしますw)
頻繁にチェックしてないと見逃しますね。
福島県HP(pdf)

福島県内の一般世帯から78人を選び1日の食事に含まれる放射性セシウム濃度を計測。

日常食から1日当たりに摂取される放射性セシウム量(*2)の最大値は、2.6Bq/人・日であった。
方部別では、会津及び相双方部において、他の地域に比較し放射性セシウム摂取量が 1Bq/人・日以上となる割合がやや多かった。


今回の測定で最大値の2.6ベクレルは会津のお子さんですね。

スクリーンショット(2012-10-04 18.55.22)

原発から遠い会津の子どもから今回の最大値が出ているという現実。
会津だろうが何処だろうが放射能汚染地図の中に暮らしていく限りは内部被曝に本当に注意しないとダメですね。
原発から遠いと意識がどうしても低くなって「大丈夫だ〜」と 投げやりになってしまいますが、
被害をうけるのはあなたの子どもたちですから。
今回は全県で78人という数でこの結果ですが、更に地域を細かく人数(家庭)を増やし調査が進むことでしょう。

今年の夏に来日したユーリパンダジェフスキー博士はこう話されていました。

セシウムは、たとえ微量の摂取でも必ず体内に蓄積されるので、1bqといえども摂取しないことを強く勧める。放射能汚染地域の食品を避け、セシウムの摂取を減らすこと。ベラルーシのベトカ地区の子供たちはには体内汚染50bq/kgの時点で30%が白内障になってしまった

パンタジェフスキー博士来日時の まとめを貼っておきます。




関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。