スポンサー広告 > 父子家庭の避難
放射能 > 父子家庭の避難

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父子家庭の避難

Aさんは40歳。
小2と小5の子どもの父子家庭。
自宅は郡山の中心市街地にある。
最も放射線の強い地域。
自宅の庭は1μSvを超える。
室内で0.4。
原発事故後、健康への不安から子どもたちを保養へ何度も出した。
が、無料で出せる保養も減り保養へ出せる回数も減って行った。
自主避難も考えて、別の町で仕事を探したが年齢的なことで見つからなかった。
郡山で今の仕事を続けながら週末だけでも子どもたちを線量の低い場所へ車で連れていく生活を続けている。

「そろそろ限界ですね」とAさん。

今年の春頃から続けているそんな週末保養に疲れたのだろうと勝手に思った。
けど、違っていた。
「寒くなってきましたから車中泊は限界です」
経費を抑えるために宿泊施設を使わず、ずっとキャンプや車中泊を続けているという。
親子三人が寝泊まりできる大きめの車だが燃料代や食費を考えると宿泊施設は利用できない。
子どもたちも週末の移動とキャンプを楽しみにするようになったし、
何より外で自由に遊びまわることができることは健康的だった、と言う。
これから冬が来て、どうやって保養を続けるか困っていた。
家のローンと子ども2人を学校へ行かせ保養へまわすお金が無い。

国も県も自治体も東電も、自主避難には何んの支援も無い。
夫婦が揃っている家庭の母子避難だって大変なのに、
Aさんのような父子家庭や母子家庭は更に深刻です。
自分が働かなければ保養どころか生活もできない。
けど、支援が無い。

こんな家庭が、私が知っているだけでも沢山あります。
これが現実ですよ。
やるせないです。

帰宅してニュースを見て大声を出してしまいました!!

東電社員年収、来年度46万円アップ
"
東京電力は、2013年度から社員1人あたりの年収を今年度より46万円増やして571万円にする。全社員を対象にした「年俸制」導入にともなうもので、1千人以上の大企業平均より28万円高くなる。家庭向け電気料金の値上げの算定にも年収アップは織り込んでおり、利用者から反発が出る可能性がある。

東電は福島第一原発事故の後、社員の給料や賞与をカットし、年収を平均700万円前後から20~25%減らした。家庭向け電気料金の値上げ申請では、12~14年度の社員の年収を平均556万円にしている。これは社員1千人以上の大企業の平均543万円に近い。

ところが、12年度は夏の賞与を支給せずに平均525万円に抑えるかわりに、13年度からは平均570万円台に回復させるという。"


朝日新聞デジタル

ふざけんなっ!!

どうなってんでしょうかこの企業は。
この国は。
この県は。


Aさんへ冬場も行けそうな場所の情報を伝え再会を約束して別れました。


------
シングルマザーの母子避難の方のインタビューがありました。
こちらも是非見てください。
福島のみなさん 郡山市 2012.08.18 VOL.1


関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。