雑記

カテゴリ:雑記 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『昨日、中通りで』

去年、福島では「100ミリシーベルト」問題やら「20ミリシーベルト」問題。
「危険」と「安全」
「避難」と「留まる」
さんざんもめた。(かたちを変えて今でも続いているけど)
どっち側かに別れて喧々諤々する者。
傍観する者。

いま身近で「100ミリ」問題も「20ミリ」問題も大丈夫だと吹聴していた人々を見ない気がする。
いま身近で「安全」だと旗を振っていた人々を見ない気がする。
もうどっちも福島にはいないような気がする。
避難や移住を決めた人たちは勿論どこか別の土地で新しく活きている。
いまここに居る人の多くは「安全」の旗のもと残った人と、傍観していた人だけのような気がする。
その旗を振っていた人々を最近身近で見かけない気がする。
信じた人々だけが置き去りにされながら高線量や低線量の外部被曝を毎日受けながら、ここにいる。
そんな印象だ。


昨日、中通りの某所のスーパーで弁当を買って近くの広場で食べた。
「あっそうだ」と思い線量計を見る 0.5μSv
今のチェルノブイリで入っちゃいけないゾーンと呼ばれる地域の入り口だ。

「安全」の旗を振ってた人たちからすれば、うまくいったってことなんだろうな。
本当にあの「安全」な旗を振っていた人達は何処へ行っちゃったんだろう。。


1139.jpg

「安全・大丈夫」の旗を振っていた(いる)人々はこの通学路のような場所を歩く事を自分の子どもに推奨しているのだろうか? (写真は今月のJNN特集番組より)

市民レベルで「危険」「安全」の旗を振っていた人が本当に居なくなって、
残されて被曝し続けるだけの子どもたち。
何かが起こってどっちかの旗を振ってた誰かのせいにしたくても振ってた本人はいない。
居たとしたって君の子どもに何かが起こっていても「関係ない」で終わりさ。

あぁ 去年あれだけ必死になって「安全」の旗を振っていた人たちは、どこへ行ったんだろう。

『新潟市避難者交流所 - ふりっぷはうす』

写真

新潟市にある避難者交流所「ふりっぷはうす」へおじゃまさせてもらいました。
「ふりっぷはうす」の由来は、F=Family,Friend,Fukushima LIP=Live in Peace (平穏な生活を送る)
去年10月に新潟県内のNPO団体が立ち上げ運営をしている場所です。
運営をされているEさんとネットで繋がる機会があり、今回もいつものように図々しくお邪魔しました。
思いついたら動いてる子どもみたいな自分を反省しています。。少しね(苦笑)

Eさんをはじめ直接の運営をされているのは福島から避難している皆さんで、
毎日、20名から30名の方が利用されているとのこと。
昨年のオープン時には一日に100名の方が訪れた事もあったそうです。
「子どもたちを遊ばせて、福島の新聞を読んでお茶をして雑談してもらう場なんです」とEさん。
そして新潟県へ避難している人の誰もが「誰も気にしないで福島の言葉で喋って良い場所」なのですね。
Eさんとも話しましたが「福島弁なんてものは無いけどそれぞれの地域の福島の言葉があってそれは隣県であっても全く違うから普段の生活では使わない(使えない)けど、それを喋れる場所があるという心強さはない」です。
地元の言葉(暮らしの言葉)を話せる場所や人が他所へ行った時にあるかどうかは大きいです。
「よぐよぐやだぐぅ なっちまー」 って言える場所は大切ですよ。

この日の利用者は少ないとのお話でしたが子どもたちが10人ほど元気に遊んでいました♬
みんな殆どがお母さんとの母子避難。
元気に遊ぶ姿に癒されましたが、同時に鼻の奥がツーンとなってしまいました。
或る日突然通っていた幼稚園や保育所の友たちと別れて知らない人ばかりの土地へ来て、
お父さんがいない暮らしが始まりどれだけ不安で寂しかったことか。。
最近、涙腺ゆるくて あぶないあぶない。

ある方は新潟へ来てから出産をされて一度も福島へ帰っていないそうで、
先日、お祖父ちゃんが亡くなり とうとう顔を見せられなかったそうです。。
詳細をお聞きする事はしなかったのですが、福島から避難をする時に皆さん本当に大変な苦労をされていて、家族や親戚や仲間との間に埋めがたい深い溝ができてしまっている方も多いようでした。。
そして様々な理由で福島へ帰る人が増えているとのこと。
どうしたって心が折れてしまう場面があります。
子どものために頑張ってきているのに家族や仲間から理解されないままの自主避難の日々。
誰も福島が嫌いで福島を離れている人などいないのに。。

運営のEさん「新潟県には本当に感謝しています。泉田知事さんからも何でも言ってください、と言われて感謝しきれません。これからお世話になった分を何かのかたちで新潟に恩返しできたらと思っています」と人懐っこい笑顔で話してくれたのがとても印象的でした。

現実には辛い出来事も多く大変ですが、とにかく福島の人が他県で福島の人を繋いで支えている現場は温かく頼もしい場所でした。
あまりに居心地がよく30分くらいと思っていたのに気づけば2時間も!!
Eさん、スタッフの皆さん ごめんなさいm(_ _)m
また おじゃまします。

ふりっぷはうす



続けていく 繋がっていく 
できることは何でもやってくよ。

続きを読む

『サボテンでも蓮でもシロクマでもないが』

自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、
後ろめたく思う必要はありませんよ。
サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中で咲かない。シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、
誰がシロクマを責めますか

〜梨木香歩『西の魔女が死んだ』〜 より。

福島から避難する人。
避難しない人。
どっちでもない人。
そこが自分にとって住みやすいかどうかは自分で決めればいいだけ。
人の意見なんてあてにならない。
人の意見なんてどうでもいい。
やたらと自分の意見を押し付けて忠告したりする。
養ってもくれないくせして。
楽しませてもくれないくせして。
一緒に泣いてもくれないくせして。
サボテンでも蓮でもシロクマでもない ただの人間だけが事を難しくしている。
まったく、まったく厄介な生き物だよ、人間は。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。