スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津に最初に放射性物質が飛んできた時

最初に放射性物質が飛んできた時間を改めて考えていました。
というのも知人が「原発が爆発した時に自分は家から出なかったので大丈夫ですよね?」と。
その方は、私の故郷の南会津町(旧田島町)在住(会津若松から道沿いに南へ約40km)
どうも未だに誤解をしている方が福島県民にもいらっしゃるようです。
放射性物質の大量放出が起こったのは原発が爆発する前だと今考えられています。
勿論、爆発そのものによって飛散したものもあるでしょうが。
それはさて置き、ようするに線量が高く計測された時間帯に何処にいたのか? ということですよね。
さまざま出ているデータはセシウムです。
けれども放射性ヨウ素131(半減期8日)も大量に放出されていたわけです。
こいつが子どもにとっては甲状腺に溜まってしまう厄介なものですね。
データはセシウムからの線量ですが、事故直後にはヨウ素も当然混在しています。
その時刻に何処に居たのか?
以下は最初に会津へ(県内7方面地区)放射性物質が届いた去年の3月15日のデータです。
7houbu.jpg
会津若松市 午後3時 0.10μSv- 南会津町 0.07μSv
会津若松市 午後4時 0.14μSv- 南会津町 0.10μSv
会津若松市 午後4時20分 0.12μSv - 南会津町 0.17μSv 午後4時20分の段階で若松より南会津が高くなります。
会津若松市 午後5時20分 0.43μSv - 南会津町1.08μSv  
会津若松市 午後6時 1.02μSv - 南会津町 0.93μSv ここでほぼ同じ数値になっています。
会津若松市 午後7時 1.12μSv - 南会津町0.88μSv


この辺りを堺に会津若松市は上昇して行き、南会津町は下がっていきます。
天気と風向きの変化だと思われます。
単純な話し、この午後4時30分頃から午後7時辺りに外に出ていたかどうか? という話しです。
帰宅や買い物の時間帯にあたります。
もっとも人々が外へ出ていた可能性の高い時間帯に会津へも放射能がやってきていました。
私たちはそんな事も何も知らずにそれぞれの動きをしていたはずです。
ですから、今、空間線量なんてものが低いからといって「大丈夫」だと判断をするのは早計だと思います。
本来であれば事故後 スピーディーの情報が公開され、安定ヨウ素剤が配布されていたはずなのです。
南会津をふくめた会津地方の子どもたちもしっかりと甲状腺検査をしてあげてほしい。
特に会津は原発から遠く地震の被害も少なかったので普通に仕事をしていた地域。

放射性ヨウ素のデータは無いとしていた国と県ですが、今年春のNHK ETV特集「放射能汚染地図5」の中で
以下の飛散データが公開されています。

fb8785c91af28a00dd7f0dcca0e62330.png
番組の写真です。
(いつものようにネットから動画は削除されています。私は持っていますがw)
これは福島県のモニタリングポスト(線量計)のデータに風向きを入れて出されたものです。
会津に住む私らはガッツリ濃い放射性ヨウ素131を吸い込んでいると考えられます。
南会津町(旧田島町)であれば、2011年3月15日午後4時頃から午後7時頃に何処に居たのか(室内か外か)
会津若松市では午後5時頃から終日何処にいたのか? です。
(会津若松の最大値は午後10時20分)
「大丈夫ですよね?」と訊かれても「心配しとくほうが賢い」としか言えません、、、

子どもがいる人は心配しといて良いんじゃないですかね?
あっ、30歳くらいまでは子どもの範囲らしいですよ放射能では。

それにしても同日の福島市の数値って。。。。

訊かれたから話したのに、知人からの反応は未だに無いというそんな現在/(^o^)\ナンテコッタイ
これが一番厄介な現実なのかもしれません。


日常食のモニタリング結果

守る会・会津のMLからの情報です。

福島県で実施された「福島県における日常食の放射線モニタリング」
その結果は数週間前に新聞などに載りましたが詳細が明かされていませんでした。
福島県のHPに詳細が発表になっていました。
(見つけにくい。ほんと役所のデータってわざと見つけづらくしてる気がしますw)
頻繁にチェックしてないと見逃しますね。
福島県HP(pdf)

福島県内の一般世帯から78人を選び1日の食事に含まれる放射性セシウム濃度を計測。

日常食から1日当たりに摂取される放射性セシウム量(*2)の最大値は、2.6Bq/人・日であった。
方部別では、会津及び相双方部において、他の地域に比較し放射性セシウム摂取量が 1Bq/人・日以上となる割合がやや多かった。


今回の測定で最大値の2.6ベクレルは会津のお子さんですね。

スクリーンショット(2012-10-04 18.55.22)

原発から遠い会津の子どもから今回の最大値が出ているという現実。
会津だろうが何処だろうが放射能汚染地図の中に暮らしていく限りは内部被曝に本当に注意しないとダメですね。
原発から遠いと意識がどうしても低くなって「大丈夫だ〜」と 投げやりになってしまいますが、
被害をうけるのはあなたの子どもたちですから。
今回は全県で78人という数でこの結果ですが、更に地域を細かく人数(家庭)を増やし調査が進むことでしょう。

今年の夏に来日したユーリパンダジェフスキー博士はこう話されていました。

セシウムは、たとえ微量の摂取でも必ず体内に蓄積されるので、1bqといえども摂取しないことを強く勧める。放射能汚染地域の食品を避け、セシウムの摂取を減らすこと。ベラルーシのベトカ地区の子供たちはには体内汚染50bq/kgの時点で30%が白内障になってしまった

パンタジェフスキー博士来日時の まとめを貼っておきます。




無残/福島県18歳以下医療費無料化

引用 
県内全域で18歳以下の医療費無料化が始まった1日、各地の医療機関では、受診に訪れた子育て世代や医師が様々な反応を示した。
「負担が減るのはありがたい」「福島で生活していく後押しになる」など歓迎の一方、安易な受診の増加に対する懸念や、県外避難者の帰還に結びつくかどうか疑問視する声も上がった。

引用終わり
ソース

原発事故後 何度も話しが出ては国からちょっかいが入ったりして頓挫していた18歳以下の医療費無料化。
1年7ヶ月経ってようやく実現された。
これはとても良い事に違いない。
何しろ先日発表になった「福島県の子どもの43.3%からのう胞や結節が見つかる」という恐ろしいことが起こっているのだから。(他県の最大50倍)
診察と治療の支援が始まったことは当然のことだと思う。
だけど、ここでもまた嫌がらせのような仕組みがある。

引用
県外に避難した子供でも、県内に住民票があれば無料化の対象となるこのため、二本松市から小学生の娘2人と新潟市に避難した主婦(37)は「こちらに住み続けても無料になるのだから、福島に戻る理由はない」と語った。
引用おわり

自主避難などで福島県外に居住地があっても住民票が福島であれば無料という仕組み。
県外に避難していても住民票が福島にあればOKだが、移住を決めるなどして住民票が福島県になければ一切支援は受けられないということ。
去年3月の原発事故からすぐに避難できた人は少ないです。
ある程度の期間 福島県内に留まり初期被曝(ヨウ素131など)した子どもたちは他県民になっていたら一切受けられないということです。
これはただの県民流失を防ごう対策なのだ。
福島に住み続けると決めた家族の子どもたちと、住民票を福島に残したまま避難している人たちだけを支援すると言っている。でも住民票を残したままの避難者も帰らないと言っている。。

新しい土地で生活を始めようとする時そこの住民にならないと法的にも社会的にも面倒くさい事が沢山おこります。だから住民票を移した人たちだって多い。
でも、その人たちはもう福島県民じゃないから支援しないというのが、この無料化です。
福島が大嫌いで出た人なんていないんですよ。
せめて去年12月まで福島県に住んでいた人とかにしないと駄目だと思います。。
ちなみに中身は違いますが、新潟県の借り上げ住宅制度(いま新潟県だけがやってくれています) の申請条件は2011年3月11日に福島県民であったこと。だけです。

この記事の中で「住民票が福島にあれば」という事が出ていますから、
福島県から北海道へ住民票を移した人は元福島県民だからダメで、
北海道から福島県へ住民票を移した人は福島県民だからOKというバカな話しです。
ほんとにバカな話し過ぎます。
住民票の問題じゃないですよね?
福島に居て被曝させられてしまった子どもたちを守ろう、ですよね。。
どうして今 何処に住民票があるのかが重要なんでしょう。

小児科医も放射線の専門家も少ない看護師も逃げ出している福島で治療費無料にして診察させてデータ取って県民流失を抑えてだけのような気がする。
本当に子どもたちの健康を心配しているなら住民票の区別なんてどうでもいいはずだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。